2012/07/27

写真の力

大切な友人の写真展へ。

たった半年の講座なのに、撮影者ひとりひとりのコンセプトが表現されていて、伝わってくるものがある。写真だけではなく、展示方法、位置、メッセージを含んだすべてが作品となっていて、その会場は撮影者の気持ちと力で包まれていた。

彼女の場合は、カメラに本気になってから約1年。みるみる上達する様をそばでみていた。彼女の迷い、何故カメラなのか、どういう気持ちで被写体を選んだのか、ここまでの経緯と彼女のパーソナリティをよく知るだけに、友人のここまでの歩みの、ほんのちょっとした区切りに敬服している。


密かに私が一番気に入った写真をハガキでプレゼントしてくれた。







3 件のコメント:

こけこ さんのコメント...

私のここまでの経緯をすべて知るkumiさんへ。どうも有難う。。。たくさん、感謝の気持ちがあるのに、言葉にならず。もう一度、有難う!不器用でごめんなさい。写真を飾って下さって嬉しいよ。

yoshii kumi さんのコメント...

どこに飾ろうかと思ったけど、やはり一番目にする職場のデスクにしました♪♪

よう さんのコメント...

あれー、これ見てなかった。オチビの寝姿をデスクに飾って貰って嬉しいです。これもkokekoさんの作品としての素敵さ、ですね。